魅惑の貝がらアート セーラーズバレンタイン

商品名 魅惑の貝がらアート セーラーズバレンタイン
商品番号 gy_238
価格 ¥2376 (税込)
在庫 残り数個
数量

商品の詳細

著者:飯室はつえ
カラー 80頁 2016年
縦26.5cm横19cm 
ハードカバー

セーラーズバレンタイン(Sailors' Valentine)とは、アメリカ東海岸で最も古い歴史を持つアメリカ独自の貝がらで作る伝統美術工芸。
ヨーロッパやアメリカ大陸を目指し、長い間、家に帰ることができなかったSailors(船乗りたち)が、遠く離れて暮らす恋人や家族を想い、航海の無事と再会への祈りを込めて作った愛のメッセージアートです。
長い航海の間、羅針盤がそのルーツと言われる独特の八角形の額の中に、愛する人を想いながらさまざまな種類の天然の貝を一枚一枚丁寧にアレンジして作り上げるValentine(贈り物)なのです。
本書は、日本で活躍するセーラーズバレンタインアーティストの飯室はつえ氏による作品を紹介するとともに、「セーラーズバレンタイン」の魅力を余すことなく伝える日本で初めての書籍。
世界中の珍しい貝がらを緻密に配置構成し、美しくデザインされる“魅惑の貝がらアート"を存分に堪能できる内容です。     

著者について
海の無い山梨県甲府市生まれ。
夫の海外赴任を機に家族4 人で渡米。
セーラーズバレンタインとの運命的な出会いにより突然アートの世界へ。
4年間のボストン暮らしは貝がらづけ。
帰国後はさらに海の無い八ヶ岳南麓の森の中にアトリエを開き制作開始、その名もShellForest(貝の森)。
こども相手のシェルアート教室をきっかけに、日本でのセーラーズバレンタイン普及を天命と感じ、「日本セーラーズバレンタイン協会」を設立。
教室を開催し、講師育成に尽力するのと同時に、アメリカのシェルショー出展を目指し本格的に制作を開始。
また、同時に異ジャンルの作家との交流を通して独学で学びながらさまざまな素材の美術工芸に触れる中、日本の伝統美術や工芸素材をセーラーズバレンタインと結びつけることに思いが至る。
2012 年、初チャレンジのフロリダのシェルショーに出展し、いきなり日本人初のブルーリボン賞受賞。
その後は毎年フロリダ、フィラデルフィア、ニュージャージー、ケープコッド等で毎回実験的作品の出展を重ね、徐々に評価を高める。
そのすべてでブルーリボン賞やレッドリボン賞、さらには大会最優秀賞等を受賞。
現在、東京目黒と八ヶ岳のアトリエで制作と指導にあたる多忙な日々を送る。
その作風は「オリエンタルセーラーズバレンタイン」と称され、2016 年度フロリダ大会、ケープコッド大会にて連続「大会最優秀賞」を獲得。
夢は「日本シェルショー」の開催と、「貝がらがつなぐ日米文化の懸け橋」になること。
貝に魅了された日本女性の情熱は遥か海を越えて弾け続ける。        
 

関連商品